TOP

Uber(ウーバー)KENYA

アメリカ生まれのタクシー(?)配車アプリ 「Uber」をケニアで使い始めて2年。

ケニアの場合、普通のタクシーは交渉性なので面倒だ けどuberは距離と時間で
料金が決まっているので、日本のメータータクシーのような感覚。
渋滞がひどい時間帯はちょっと高く付くこともある。
ケニアでは馴染みのタクシー以外は、そもそもの既存タクシー自体がぼったくり
で白タクみたいなもんだから、逆にケニアではUberの方が 安心感もある。
アメリカで使った時は、来てほしい場所にぴしゃっと来るし、目的地の住所を予
めアプリに入れているので一言も喋らなくても目的地にぴ しゃっと届けてくれる。
今やケニアでも無くてはならない足になっている。
どの車も新しいし、ドライバーがウザくないのでさらりとクールに利用出来る感
じで使いや すい。GPS異常などで時々誤作動もあるが
ちゃんと返金してくれるし、クレームに対しても対応してくれる。

最近はUberを呼ぶと2種または3種の料金が表示される。これは車種によっての料
金なのだが、
Uber Chapchapってのが新登場してて1番安い。気の毒なほど安い。
Chapchapは小型車種のSUZUKI アルトを使用したもの。全部真新しいし、そう言
えば以前はアルトをあんまり見た記憶がない。

これはUberKenya とSuzukiがお手軽にUberを始められるように手を組んだの
か??と思える。急にアルトが増えてる。

1人で重たい買い物をした時なん か、気軽に利用出来る料金なので本当に助か
る。もう2度と腕がちぎれそうな思いしてバスなんか乗るかよ!って感じ。

あまりに安いので(というか、既存 タクシーが相変わらず高過ぎる)
時々Uberドライバーの一部と既存タクシーがデモをやったりするので、その時に
は料金跳ね上がったり、利用するのは危なかったりする時 もあるので、たまに
アンテナを張る必要はあるが
それにしてもこんなに便利に使わせて頂き、感謝ですわ。

Read More
TOP

ビニール袋禁止のその後

環境に悪いビニールをケニアから無くそうと言うことで、昨年8月末にスーパーレジ袋、ゴミ袋、ビニール袋が製造、販売、使用禁止になった。
違反した場合はアホみたいな罰金が課せられることになったー、というネタは紹介したし、いろんな皆さんも紹介してた。

あれから半年近くたち、さぞかしナイロビも美しい町になってるに違いないと思われても仕方ないが、
この写真は本日のハーリンガムという日本人にも馴染みのあるエリア。

なーんにも変わってないですので、昔からのケニアを知る皆さん、ご安心を~(笑)。

工場でビニールにパッキングされるものは禁止されてないので、パンや砂糖、塩、お菓子、洗剤などなどあらゆるものはしっかり土に還らないビニールに入ったまま。
そして、もちろんポイ捨て癖を無くそうともしてないので、ゴミは減りませんわな。

Read More